活用できるデータと記事

Report & Column

DXに必要なUI・UXとは?

DX推進DX用語

SHARE

DXに必要なUI・UXとは


インターネットの普及やコロナ禍でのリモートワークの急速な発展により、企業はよりDX(デジタル・トランスフォーメーション)を求められるようになりました。
DXについてはこちら

DXによって業務システムや事業にAIを取り入れる企業が増えてきていますが、DXを単なる”デジタルを取り入れた業務効率化”ととらえている人も多いのではないでしょうか。実際には、DXとは”デジタル技術を用いることで、人々の生活やビジネスがより良いものに変革されていくこと”を指します。
そして、その際に必要になってくるのがUX・UIという要素になります。

松井木ノ芽

松井木ノ芽

研究員 / 広報

調査概要

UXとは


ユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略で、ユーザー(主にwebサービスやアプリケーションを利用する人を指す)がwebサイトやサービス、製品を利用した際に体験する価値のすべてを指します。
例えば、皆さんもインターネットで商品を購入することがありますよね。私たちがあるサイトで商品を購入する際、商品ページの写真やイラスト、内容を見て商品を購入、使用する全工程をUXとして扱います。
また、その後商品についてまたリピートしたいと思うまでの、ユーザーの満足度をも含めてUXとしてとらえるのです。

UIとは


ユーザーインターフェース(User Interface)の略で、UIはUXの一部としてとらえられています。
”ユーザーと製品やサービスの接点”という意味で使用され、サービスの使いやすさや見た目などを総じてUIと呼びます。
先ほどの例を用いると、商品を購入する際の情報の見やすさ、レイアウト、カートに入れる際のボタンの位置などを設計するのがUI。オンライン通販サイトで、常に質問箱が表示され、操作説明やよくある質問が表示されるように導線設計がされていたり、商品について細かくカテゴリー分けがされ、商品を絞り込みやすいようにされているのもUI設計のひとつです。
この様に、サービスの利用時に利便性が向上(UIが向上)すると、それに伴い、体験後の満足度が向上(UXが向上)します。
つまり、UX・UIを活用することで、優れた顧客体験を提供でき、結果として企業の事業成功につながるというわけです。

UI・UXの向上にあたって必要なこと


では、UI・UXの向上にあたって必要なことは何でしょうか。
UIにおいては、徹底的に機能性を意識して改善することが重要となります。ユーザーが誤操作をした際に、戻りやすい設計をしていたり、ページの移動が楽にできることでストレスなくサービスを利用することができますよね。UIデザインにおいて細かい機能面を見直すことで、ユーザーにとって満足度の高いUXを設計することができます。
UX(ユーザー体験)の質を決める要素はUXハニカム(ユーザー・エクスペリエンス・ハニカム)と言われています。UXハニカムとは、UXを構成する6つの要素を示した構造モデルのこと。
各要素は以下の通りです。
UXを構成する6つの要素を示した構造モデル

大事なポイントは、ユーザー体験の流れをしっかりと捉え、どの過程や視点からアプローチをするべきかを把握するということです。なぜなら、そのサービスやプロジェクトによって、UX・UIのデザインの仕方は変わってくるからです。
例えば、自社のサイトに訪れる人は多い(アクセスはしやすい)のに、購入する人が少ないとします。購入過程で、サイトが見にくいことが問題(使いやすさ)なのか、商品ページが分かりにくいことが問題(探しやすさ)なのかなど、ユーザーの声を聞いたり、アクセス履歴の追跡を行ったりすることで課題を見出します。また、自身で実際に利用して、顧客としての立場だとどう感じるかを理解することも有効でしょう。
ユーザーに対しての体験をより良いものに改善したいという場合には、理想のユーザー像(ペルソナ)を設定し、その対象となるユーザーのニーズや利用シーンを分析することで、対象に沿ったUX・UIをデザインすることができます。

まとめ



今回はDXの本来の意味と、DXの向上に必要なUX・UIについてざっくりと説明しました。

  • DXとはデジタルを活用して人々により良い顧客体験を提供し、事業向上を図ること

  • DX向上のためには、ユーザー体験全体を指すUXと、そのユーザー体験を支えるUIが大切である

  • UX・UIは、ユーザー体験の流れを理解して、どの過程や視点にアプローチをするのかとらえることが大切


  • 変化の激しい時代の中で取り残されずに生き残るためにも、DXの推進は多くの企業にとって課題となるでしょう。実際にDXを推進していくにあたってキーとなるUX・UIの理解を深めることで、他の企業と差別化を図ることが重要です。

    もしUI・UXに関してお悩みのことがございましたら、一度お気軽にご相談ください!

    お問い合わせはこちらから

    SHARE

    トップに戻る