活用できるデータと記事

Report & Column

<バーチャル展示会>本当に必要な機能とは?

DX推進DX用語営業活動

SHARE

新たな時代のスタンダード バーチャル展示会 本当に必要な機能とは?

コロナ禍でリアルの展示会が中止や縮小となり、オンラインに移行しています。そんな今注目が集まっているのが『バーチャル展示会』です。『バーチャル展示会』とは、オンライン上のバーチャル空間で開催される展示会のことを指します。リアルで行われる展示会とは異なり、時間や場所に干渉されることなく24時間の開催が可能で「オンライン展示会」「ウェブ展示会」と呼ばれることもあります。

最近では企業が主催の展示会だけではなく、見本市やオープンキャンパスなど様々な分野でバーチャル展示会が取り入れられています。5Gの普及や通信容量アップなど、テクノロジーの進化によりウェブ上で、より高い品質でのコンテンツが実現できるようになりました。

国内のみならず世界規模の展示会も開催されていますが、まだ一般的に十分な認知度はなく、どのようなことが実現可能なのか理解されているとは言えないのが現状です。

そこでこの記事では、バーチャル展示会を実施する上で本当に必要な機能とはなにかという疑問について詳しく答えていきます。今後、開催を検討中の方には特におすすめです。

様々な企業が取り入れているバーチャル展示会にもデメリットは存在します。

まず、リアル展示会で行われるような参加者への声かけや商材アピールのためのデモンストレーション等の直接的なコミュニケーションがとれません。対面での対応ができないため、相手が関心を持ってくれるまで待つ時間が長くなります。

また集客効率にも課題があります。24時間いつでも参加可能というメリットがある反面、急いで参加しないといけないという心理が働かず、来場者が集まらないこともあります。その場合、追加で週単位のテーマや内容を調整し著名人の登壇セミナー(ウェビナー)などを開いて集客することもあり、都度の対応が必要になります。

このような課題を解決するために「来場者と双方向のコミュニケーションができる機能」がオンライン展示会には求められます。事例をいくつか紹介させていただきます。

●チャット機能
チャット機能を通じて、企業と来場者の交流の場を提供します。チャットは電話やメールと比べて、気軽に問い合わせが促す効果が期待できます。加えて想定される質問を自動応答ソフトにて設定すれば、いつ、どんなときにでも来場者の質問に答えることができます。

●名刺交換
来場者との名刺交換、および顧客情報の収集は展示会を行う大きな目的の1つとして挙げられます。バーチャル上では難しそうに見える名刺交換も、クラウド名刺管理サービスと連携すれば代替が簡単にできます。

●ビデオ会議
Zoomなどのビデオ通話ツールと連携させることで来場者とのスムーズなやり取りが実現できます。案件の相談をしたい、と思ったときにすぐに打ち合わせの設定ができる状態を構築する、ウェビナー終了後にオンライン商談の時間を設ける、など来場者が離脱しないような導線を設計すると更に効果的です。

DX先端研究所を運営するアクアスターは先週までバーチャル展示会を開催しました。外部システムを活用した「オンライン商談」と「リアル商談」の予約機能を搭載し、


リアルなセールス機会が急減し、インサイドセールス(非対面型営業)が急激に増加しました。大きなビジネスチャンスとなり得る展示会やイベントでは、会場に人を集める運営からの転換が求められています。しかしLPやホームページをただ作るだけでは集客にはなかなか繋がりません。

従来とは違った運営手法であるバーチャル展示会にはさまざまな可能性が秘められています。テクノロジーの進化により工夫次第で、更なるビジネス機会を創出し、顧客満足度を向上させる一般的な手法の1つになっていくことでしょう。

アクアスターでは高い品質のビジュアルで視覚的に強く訴えかけるだけでなく、詳細なデータ収集、チャットボットによる接客やARでの体験コンテンツ提供なども行っております。今後さらなる需要が見込まれているバーチャル展示会、ぜひご相談ください。

松本昌彦

松本昌彦

主任研究員 / エンジニア

SHARE

トップに戻る