活用できるデータと記事

Report & Column

【独自調査】ユーザーはどんなARコンテンツを求めている?アンケート結果大公開

営業活動意識調査

SHARE

【独自調査】ユーザーはどんなARコンテンツを求めている?アンケート結果大公開


「AR」とは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されます。
スマートフォンやタブレット端末を通し、現実世界の一部に仮想の情報を重ねる技術で、昨今の状況を受け、非接触で体験できるメリットから企業のプロモーションでも多く活用されています。

そこで当社で、ARコンテンツに関する調査アンケートを実施いたしました。
今回はその調査結果の一部を公開させていただきます!

松井木ノ芽

松井木ノ芽

研究員 / 広報

調査概要

  • 調査方法:インターネット調査

  • 調査対象:全国の男女400人

  • 回答者数:400人

  • 調査期間:2021年10月13日(水)~2021年10月15日(金)

  • 調査機関:D&M



調査結果



ユーザーが興味をもつARの内容とは


以下のアクアスターが自社開発したARパッケージの画像の中で最も興味を持ったものを回答していただきました。
各ARコンテンツに関しては、「企業事例と実証実験」で一部内容をご紹介しておりますので是非ご覧ください!

魅力的なARコンテンツ

1番多かった回答が「ゲーミングAR」の29.0%、2番目に「お絵描きAR」の22.3%、3番目に「ワープAR」で20.8%となりました。

逆に割合が低かったコンテンツは「GPS AR」「フェイスチェンジAR」「タレントフォトAR」で自分の顔が映ってしまうものや位置情報など、個人に関係する情報を使用するコンテンツが選ばれにくい傾向が見られました。しかし、年齢や性別ごとに数値を見たところ、男性の10代は「GPS AR」が1番人気で、女性の10~20代では「タレントフォトAR」の割合が多い結果が出ています。

この結果から一概に人気のあるコンテンツを選ぶのではなく、ターゲットの年齢、性別に適したARコンテンツを導入することでよりプロモーション施策としての効果を発揮することが分かります。

ARパッケージの中であなたが興味を持ったものをすべてお選びください

ARを体験する際のアプリダウンロードに関して


ARを体験する際に、専用のアプリをダウンロードしなければならない場合「インストールしたいと思わない」が75.8%、「インストールしたいと思う」が24.3%でした。

インストールしたくないと答えた理由をお知らせください

さらに「インストールしたいと思わない」と答えた方にその理由を聞いたところ、55.1%が「余計なアプリを増やしたくないから」、次いで32.7%が「インストールするのが面倒だから」32.0%が「デバイスの容量を増やしたくないから」と回答しました。アプリをダウンロードする手間やデバイスの容量がARコンテンツ普及の高い壁になっている可能性があり、ストレスを感じさせずに楽しんで体験させられる設計づくりがポイントだということが分かります。

興味を持ったARパッケージを利用する場合、ARアプリをインストールする必要がございます。あなたのデバイスにインストールしたいとおもいますか。

まとめ


  1. 個人に関係する情報を使用するコンテンツはユーザーに選ばれにくい傾向がある

  2. 年齢・性別で好まれているコンテンツに差が見られた

  3. ARを利用する際、75%の人がアプリをインストールしたくない

  4. 上記のうち55%は余計なアプリを増やしたくないという理由から

今回の調査を通し、ARの普及がまだまだ広がっていない原因として、ARコンテンツの専用アプリが高い壁になっていることが分かりました。その点を解決するアプリダウンロード不要のWebARが今後より需要が高まっていくことが予想されます。

アクアスターでご提供しているのは、主にブラウザで完結するWebARです!

WebARのメリットに関してはこちら ≫

現在のマーケティング課題を解決する切り札として、WebARを活用するのはいかがでしょうか?企画から設計、コンテンツ制作、効果測定までワンストップで対応させていただきます。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら ≫


対象者
全国の男女400人
手法
インターネット調査
期間
2021年10月13日(水)~2021年10月15日(金)
トップに戻る